フィステル

フィステルとは

フィステルとは、歯茎の歯の生えている部分の下あたりにあるできもののことで、色は赤や白でプクッと膨らんでいます。一見するとニキビのような見た目をしています。口内炎との違いとしては、基本的には痛くないということです。

また、口内炎は一度治れば同じ部分にできるとは限らないのに対し、フィステルは一度消滅してもまた同じ部分にできます。症状が進むと前より腫れが酷く大きくなってしまいます。

フィステルは、歯の根っこの炎症や歯周病がある場合に、その膿(うみ)を出すための穴なのです。そのため、一時的に治っても、根本的な問題が解決しない限りは、何度でも出現します。

フィステルの原因

 フィステルが形成される原因は大きく分けて4つあります。

虫歯を放置する

虫歯は痛いけど歯医者には行きたくない…という方は、多いと思います。

しかし、虫歯を放置すると虫歯菌は歯の根っこまで届き、その結果として歯の神経が死んでしまいます。その後、膿が溜まりフィステルができます。

歯周病

歯周病によって歯と歯茎の間にいる細菌が炎症を起こして隙間が多くなります。またそれに付随してフィステルが形成されることもあります。

歯の根っこの折れ

転んだ拍子に歯をぶつけるなど、色々な原因で歯が折れることがあります。その隙間に細菌が入り込み炎症が起こることで、フィステルが出現します。

不完全な治療

進行した虫歯に対して、汚染された神経を取り除く治療を行うことがあります。そのときに汚染された神経を取り切れなかった場合、根っこに細菌が残ってしまい炎症が起きることがあります。

フィステルの治療法

今まで述べたように、フィステルは歯や口の病気がある場合に形成されます。よって放置していると膿による口臭の原因になったり、炎症が進み歯を支える骨が溶けてしまったり、全身疾患のリスクも高くなります。そうならないためにもフィステルが見つかったら必ず治療を受けましょう。治療法は主に3つあります

汚染された神経の治療

まず歯を削り、歯の神経が通る管を露出させ、その管に細くギザギザした針を差し込み神経を絡め取ります。管を洗いながらこの作業を繰り返し、薬を詰めて炎症の改善を試みます。このとき死んでしまった神経は痛みを感じませんし生きた神経があり痛い場合は麻酔をするので安心してください!ただこの治療は数回に分けることもあるため途中で通院をやめないようにしましょう。

また、従来では手指感覚(経験によって左右される)や二次元レントゲン撮影をもとにした治療が行われていましたが、当院はマイクロスコープを使用し、根管内を拡大して治療することで、より確実に汚染された神経や歯質を取り除くことができます。

歯の根っこを切除する

先述の治療がうまくいかなかったり根っこが治療しにくい形をしているとき適応されます。麻酔をかけ歯茎を切開し、膿と歯根の先端を切除します。

骨がなくなったところも当院では歯周再生療法により、より確実な歯周組織の再生を促します。(自費診療です)

抜歯

これらの治療が難しい場合や歯根が折れている場合、その歯を残すと症状がさらに悪化してしまう場合に適応されます。歯を抜くのはいやだと思う方もいらっしゃるとは思いますが、周りの歯や健康を守るためには必要な処置となります。

フィステルは、ニキビのようにつぶしても何も解決しません。むしろ悪化につながるため、自ら潰してはいけません。フィステルを見つけたら、すぐに歯科医院を受診しましょう。早期に治療を始めることで高い効果が期待できます。治療開始が遅れてしまうと、歯を抜かざるを得ない状況になってしまいます。

フィステルの予防において、一番大切なのは歯磨きや歯間ブラシなどを使った日々の口腔清掃と、定期的なクリニックでのメンテナンスです。大切な歯を失わないように気を配りましょう。


内容監修

福永 里沙

RISA FUKUNAGA

福永 里沙

RISA FUKUNAGA

歯科医師

臨床研修修了後、日本歯科大学総合診療科にて一般診療に従事。より臨床の場で多くの患者さんの診療をするために、都内の口腔外科、矯正歯科、審美歯科で研鑽を積み、ジェネラリストとしての技能を習得。あらゆる年齢層、症例に対応できる診療の幅広さを強みとする。一歯単位の治療ではなく、一口腔単位の治療から全身の健康へつなげるような歯科医療の提供を理念に掲げ、デンタルクリニックTENを開業


RESERVE

ご予約はこちらから

当クリニックは完全web予約制となっております。 空き状況をご確認の上、ご予約ください。

予約する