セラミック治療

セラミック治療について

欠けてしまった歯や亀裂の入っている歯に対する詰め物・被せ物の一般的な材料には金属・レジンなど様々な種類がありますが、それぞれ欠点が存在します。そこで、近年歯科治療において注目されている材料としてセラミックがあります。

金属やレジンによる治療の欠点

従来の治療で用いられる金属材料やレジンは保険適用が可能であり、治療費が安価で済むというメリットがあります。しかし、金属が口の中に入っていると笑った時や食事中に口を開けた時に他の歯と比べて目立つため、見た目の面に関してセラミックに劣ります。レジンは天然歯に近い色をしているので、金属と比べると見た目という点では有利ですが、強度が高くないため欠ける・割れるなどのリスクがあります。

セラミック治療の利点

金属やレジンと比較して、セラミックが持つ利点としては

などがあります。一方で、セラミック治療は保険適応外であるため高額となるほか、金属の被せ物に比べて歯を削る量が多くなる場合があります。

セラミックの価格の差

同じセラミックでも、使用する素材やクリニックによっても値段はまちまちです。少しでも安く抑えたいと思う反面、せっかくなのだから高いものを使うほうが良いのではないか?などと悩まれる方も多いかと思います。

価格等も考慮すると、どのセラミックも長所・短所が存在しているので、選択に迷ったらかかりつけの先生に相談してみるのがお勧めです。

CLINIC TENのセラミック治療

CLINIC TENでは、e-maxおよびジルコニアを使用したセラミック治療を行っています。近隣のクリニックではより価格の低いセラミックの取り扱いもありますが、患者さんが長く使うことを考えたときに、私たちが自信をもっておすすめできるものだけを使用しています。

ジルコニアとは?

歯科におけるセラミック治療で、メジャーな材料にジルコニアがあります。ジルコニアは二酸化ジルコニウム(ZrO2)の略称で、人工ダイヤモンドの材料としても使われている素材です。ジルコニアは、欧米ではすでにオールセラミック治療の主流となっています。

従来のセラミックの欠点には、強すぎる力が加わると欠けや割れが生じるというものがありましたが、ジルコニアはその硬度の高さにより従来のその欠点を克服した新世代のセラミック材料です。

e-max

e-maxは二ケイ酸リチウムガラスを主成分としている近年開発された新しいセラミック材料であり、ジルコニアと同様に強度が高いことが特徴です。e-maxの大きな利点として、セラミック材料の中で一番透明度が高く、装着する歯の土台の色を反映できるため色調を再現する面で有利というものがあります。費用に関しても、ジルコニアセラミックより安くなる場合が多いので、患者さんとの相談の下、e-maxを使用する症例を増えてきています。

ジルコニアについては、詳細記事をご覧ください。

セラミックを長持ちさせるために

セラミックのだいたいの寿命は何年くらい?

患者さんの口腔環境にもよりますが、オールセラミックの場合だと通常8〜10年、良い口腔環境であれば20年程度使用できる場合もあります。セラミック素材は高価に感じるかもしれませんが、その長い使用年月も考慮するとむしろコストとして安いとも言えるでしょう。

セラミック歯のお手入れと虫歯

セラミックはその表面構造の違いにより、天然の歯と比べて汚れが付きにくいという特徴があります。毎日のブラッシングの際も、強すぎる力はかけないように優しくブラッシングをしてください。

汚れが付きにくいという特徴により、セラミック歯は材料によって虫歯になりにくい場合もありますが、100%虫歯にならないというわけではありません。何故なら、被せ物に普段のブラッシングでは完全に落としきれないような汚れが付着して虫歯になることがあります。せっかくの高額なセラミックですから、定期的なクリーニングにより、ブラッシングでは落とせない汚れをクリーニングし虫歯や歯周病の有無をかかりつけ医にチェックしてもらうことがお勧めです。


内容監修

福永 里沙

RISA FUKUNAGA

福永 里沙

RISA FUKUNAGA

歯科医師

臨床研修修了後、日本歯科大学総合診療科にて一般診療に従事。より臨床の場で多くの患者さんの診療をするために、都内の口腔外科、矯正歯科、審美歯科で研鑽を積み、ジェネラリストとしての技能を習得。あらゆる年齢層、症例に対応できる診療の幅広さを強みとする。一歯単位の治療ではなく、一口腔単位の治療から全身の健康へつなげるような歯科医療の提供を理念に掲げ、デンタルクリニックTENを開業


RESERVE

ご予約はこちらから

当クリニックは完全web予約制となっております。 空き状況をご確認の上、ご予約ください。

予約する