ジルコニア

ジルコニアとは

歯科におけるセラミック治療で、メジャーな材料にジルコニアがあります。ジルコニアは二酸化ジルコニウム(ZrO2)の略称で、人工ダイヤモンドの材料としても使われている素材です。ジルコニアは2005年に厚生労働省からの認可を受け、歯科材料として使用されるようになりましたが、欧米では既に臨床現場で使用されており、オールセラミック治療の主流となっています。

ジルコニアの利点

従来の一般的なセラミック材料の欠点として、硬度が高すぎるために、大きな力が加わると欠けてしまう危険性がある(もろい)という点がありました。しかし、ジルコニアは歯科用のセラミックとして最高レベルの硬度を有していながら、結晶構造の安定性により大きな力が加わっても破損が起きにくいという大きな利点があり、従来のセラミック材料の利点を受け継ぎつつ、欠点を克服した材料になります。

よって、ジルコニアはセラミック治療の中でも最高レベルの品質の治療を行える歯科材料となります。

ジルコニアの欠点

歯科材料の材料としては万能なジルコニアにも欠点がない訳ではなく、第一に保険適用がされないため高価であるということが挙げられます。また、患者さんの歯の状態によっては歯を削る量が多くなってしまう場合があるので、元々あった自分の歯をできる限り残したい!という患者さんは治療方法を検討する必要性があります。

e-maXとは

e-maxは二ケイ酸リチウムガラスを主成分としている近年開発された新しいセラミック材料であり、ジルコニアと同様に強度が高いことが特徴です。

e-maxの大きな利点として、セラミック材料の中で一番透明度が高く、装着する歯の土台の色を反映できるため色調を再現する面で有利です。またジルコニアより脱離しにくいという利点もあります。

費用に関しても、ジルコニアセラミックより安くなる場合が多いので、患者さんとの相談の下、e-maxを使用する症例を増えてきています。

CLINIC TENのジルコニア治療

CLINIC TENでは、歯の補修材料としてセラミックを選択された方には、その強度や耐久性からジルコニアをおすすめすることが多くあります。一方で、一人一人の経済的な事情や口腔の状態に寄り添った提案を大事にしているため、無理な勧誘は行いません。科学的な事実やエビデンスをしっかりとお伝えしたうえで、患者様個人のライフプランや価値観を総合的に合わせてご判断いただいております。


内容監修

福永 里沙

RISA FUKUNAGA

福永 里沙

RISA FUKUNAGA

歯科医師

臨床研修修了後、日本歯科大学総合診療科にて一般診療に従事。より臨床の場で多くの患者さんの診療をするために、都内の口腔外科、矯正歯科、審美歯科で研鑽を積み、ジェネラリストとしての技能を習得。あらゆる年齢層、症例に対応できる診療の幅広さを強みとする。一歯単位の治療ではなく、一口腔単位の治療から全身の健康へつなげるような歯科医療の提供を理念に掲げ、デンタルクリニックTENを開業


RESERVE

ご予約はこちらから

当クリニックは完全web予約制となっております。 空き状況をご確認の上、ご予約ください。

予約する